背を伸ばす方法 子供小学生 背を伸ばす方法背が伸びる方法com

背を伸ばす方法 子供小学生カテゴリの記事一覧

背を伸ばす方法 小学生 中学生

背が高い低いで何かが決まる訳ではありませんが、特に男の子の場合は背が高い低いをコンプレックスに感じる子がたくさんいると思います。
背のことで、あまりお子さんを悩ませたくないですよね。小中学生のお子さんの背を伸ばしてあげたいのなら、まず、睡眠時間をたっぷり取れる環境を作って下さい。

深い眠りについている時間は、成長ホルモンが分泌していると言われています。寝る子は育つと昔からよく言われていますが、このことから来ているようです。

小中学生であれば、少なくても、8〜9時間くらい睡眠時間をとるといいでしょう。次に、バランス良く栄養を摂取することです。背を伸ばすために、エネルギー源となるたんぱく質や骨となるカルシウムをたくさん摂取することも必要ですが、この2つだけをたくさん摂取すればいいという訳ではありません。

たんぱく質とカルシウムを摂取しつつ、脂肪や炭水化物、ビタミン類なども、バランス良く摂取出来るように食事を工夫してあげて下さい。

最後に、適度な運動です。極端に体に負担のかかるような運動でなければ、バスケットボールやバレーボール、ダンスやバレエなどでも十分適切な運動をすることが出来ます。

無理矢理に習い事としてスポーツをさせるのではなく、お子さんがやりたいと思ったスポーツを楽しみながら運動させるのが、一番重要なことです。無理矢理スポーツをさせると、かえってストレスを溜めてしまい、成長を妨げることになってしまうので、本人がやりたくもない事をやらせるのは止めましょう。

子供や小学生 背を伸ばす

子供や小学生 背を伸ばす

子供や小学生は背を伸ばすために何を食べたら良いか?

タンパク質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素は、背が伸びるためには非常に大切ですが、限られた食品だけで背が伸びるということはありません。

例えば、たまごはタンパク質を多く含んでいますが、食べ過ぎるとコレステロールがたまります。牛乳はカルシウムが豊富ですが、飲み過ぎると肥満のもとになります。ナッツ類はマグネシウムがたっぷりですが、食べ過ぎると思春期を早めるという説もあります。
偏らないようにいろんな食品からバランスよく栄養をとることが大事なのです。

もちろん、これさえ食べれば完璧という食品がないのと同様に、これを食べたらダメという食品もありません。カロリーの高いハンバーグにはタンパク質が入っているし、ソフトクリームの中にはカルシウムが入っています。
要するに、偏らなければいいのです。
ただし、日本人の子供、小学生の場合、唯一カルシウムが不足しているというのが現状です。

子供や小学生 背を伸ばす方法

タグ:背を伸ばす
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。