背を伸ばす事と睡眠時間の関係 背を伸ばす方法背が伸びる方法com

背を伸ばす事と睡眠時間の関係

昔からよく「寝る子は育つ」と言われていますが、これは真実なのでしょうか?
背を伸ばすために必要不可欠なのが、成長ホルモンなのですが、この成長ホルモンが多く分泌されるという時間が昼間ではなく、夜寝ている時間帯なのです。

皆さんも大人になって実感されていると思いますが、男性でも女性でも、やはり睡眠時間が短かった翌日は、お肌がボロボロになっていたり、体の疲れが全然とれていなかったりしますよね。

これには、睡眠時間が関係しているのです。しかし、ただ長い時間睡眠をとれば背が伸びるという訳でもなく、睡眠の深さが重要なポイントになります。

眠りが一番深い状態の時間帯に、血液中の成長ホルモンの濃度は最も高くなると言われています。逆に、睡眠が浅かったりしてすぐに目が覚めてしまったり、睡眠を妨げるようなことがあったり、睡眠時間が少なかったりすると、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまい、背が伸びるのを妨げることになるのです。

また、昼間に立っている時間よりも、寝る時のように横になっている方が、昼間使っていた骨が休まりますし、横になっていると成長ホルモンがよく分泌されます。このことからも、睡眠時間と背は、深く関係していると考えられるでしょう。背を伸ばすために睡眠が重要だということはわかったとしても、実際に深い睡眠を得るためには、色々と工夫しなければなりません。

例えば、早寝早起きを心がけて規則正しい生活を送ることや、日中は適度に運動してお風呂に入りリラックスして睡眠を取ることなども背を伸ばすためには大事です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224677771

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。