背を伸ばす方法背が伸びる方法com

背を伸ばすための栄養素

るんるん背を伸ばしたい小学生の方にカルシウムグミ


背を伸ばすために必要な栄養素は、「たんぱく質」と「カルシウム」で、これらの栄養素をバランス良く摂取することが重要なのです。
たんぱく質を豊富に含んでいる食品は、鶏肉や豚肉などの肉類、まぐろやかつおなどの魚類、牛乳やチーズ、大豆製品が代表的でしょう。

肉類はたんぱく質を多く含んでいますが、脂肪分も多く含まれているので、なるべく調理する際は、脂身の部分を切り落とすなどの工夫をした方が良いですね。
脂身の少ない部位として、牛や豚肉であればモモやヒレの部分を、鶏肉であればささみの部分を湯がいてから食べると、脂肪分を落とすことが出来ます。

たんぱく質の一日の必要摂取量は、体重×1〜2gと言われています。また、昔から、「背を伸ばしたいなら、たくさん牛乳を飲みなさい」とよく言われていたと思いますが、これは牛乳に含まれているカルシウムが関係しているのではないでしょうか。

骨や歯の99%はカルシウムで出来ていると言われているほどなので、背を伸ばすためには必要不可欠な栄養素の一つなのです。
カルシウムが豊富に含まれている食品としては、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、納豆や豆腐などの大豆製品、ちょっと意外なところではわかめなどがあげられます。

これらの食品をたくさん摂取していれば、背が伸びるという訳ではなく、逆に、納豆ばかりを毎日食べ過ぎていてもホルモンのバランスを崩してしまうこともあるのです。
たんぱく質とカルシウムを摂取することはもちろん重要ですが、他のビタミンや脂肪分もバランス良く摂取することが大切です。

背を伸ばす方法 背が伸びる方法

背を伸ばす事と睡眠時間の関係

昔からよく「寝る子は育つ」と言われていますが、これは真実なのでしょうか?
背を伸ばすために必要不可欠なのが、成長ホルモンなのですが、この成長ホルモンが多く分泌されるという時間が昼間ではなく、夜寝ている時間帯なのです。

皆さんも大人になって実感されていると思いますが、男性でも女性でも、やはり睡眠時間が短かった翌日は、お肌がボロボロになっていたり、体の疲れが全然とれていなかったりしますよね。

これには、睡眠時間が関係しているのです。しかし、ただ長い時間睡眠をとれば背が伸びるという訳でもなく、睡眠の深さが重要なポイントになります。

眠りが一番深い状態の時間帯に、血液中の成長ホルモンの濃度は最も高くなると言われています。逆に、睡眠が浅かったりしてすぐに目が覚めてしまったり、睡眠を妨げるようなことがあったり、睡眠時間が少なかったりすると、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまい、背が伸びるのを妨げることになるのです。

また、昼間に立っている時間よりも、寝る時のように横になっている方が、昼間使っていた骨が休まりますし、横になっていると成長ホルモンがよく分泌されます。このことからも、睡眠時間と背は、深く関係していると考えられるでしょう。背を伸ばすために睡眠が重要だということはわかったとしても、実際に深い睡眠を得るためには、色々と工夫しなければなりません。

例えば、早寝早起きを心がけて規則正しい生活を送ることや、日中は適度に運動してお風呂に入りリラックスして睡眠を取ることなども背を伸ばすためには大事です。

背を伸ばす方法 小学生 中学生

背が高い低いで何かが決まる訳ではありませんが、特に男の子の場合は背が高い低いをコンプレックスに感じる子がたくさんいると思います。
背のことで、あまりお子さんを悩ませたくないですよね。小中学生のお子さんの背を伸ばしてあげたいのなら、まず、睡眠時間をたっぷり取れる環境を作って下さい。

深い眠りについている時間は、成長ホルモンが分泌していると言われています。寝る子は育つと昔からよく言われていますが、このことから来ているようです。

小中学生であれば、少なくても、8〜9時間くらい睡眠時間をとるといいでしょう。次に、バランス良く栄養を摂取することです。背を伸ばすために、エネルギー源となるたんぱく質や骨となるカルシウムをたくさん摂取することも必要ですが、この2つだけをたくさん摂取すればいいという訳ではありません。

たんぱく質とカルシウムを摂取しつつ、脂肪や炭水化物、ビタミン類なども、バランス良く摂取出来るように食事を工夫してあげて下さい。

最後に、適度な運動です。極端に体に負担のかかるような運動でなければ、バスケットボールやバレーボール、ダンスやバレエなどでも十分適切な運動をすることが出来ます。

無理矢理に習い事としてスポーツをさせるのではなく、お子さんがやりたいと思ったスポーツを楽しみながら運動させるのが、一番重要なことです。無理矢理スポーツをさせると、かえってストレスを溜めてしまい、成長を妨げることになってしまうので、本人がやりたくもない事をやらせるのは止めましょう。

背を伸ばす方法 背が伸びるサプリ

最近では、背を伸ばすと言われるサプリメントが山のように販売されていますね。
けれど、実際には、「背を伸ばすサプリメント」と言う表現は薬事法にひっかかってしまう為に、正確には「背が伸びるのを助けるサプリメント」のような表現になるのでしょう。

それでは、本当に背を伸ばすためのサプリメントがあるのでしょうか。
巷で販売されている背を伸ばすためのサプリメントには、背を伸ばす指令を出す元となるアルギニンのみを配合したものですとか、背を伸ばすために必要なアミノ酸やミネラルを配合したもの、成長ホルモンの分泌を高める栄養素を配合したものなど、多種多様に出回っています。

その中で、このサプリメントを摂取すると背が伸びる、といったものがあるかどうかは判りません。
けれど、実際に、背を伸ばす為にはポイントに合った栄養素の摂取が必要だと言われていますので、良質の栄養素が配合されたサプリメントなら手軽に摂取出来て便利なのかもしれません。

つまり、日常の食事で背を伸ばす為の栄養素が足りないと感じるのであれば、不足すると思われる栄養素のサプリメントを摂取するようにすれば良いですし、十分な睡眠が取れていないと感じるのであれば、成長ホルモンに関連したサプリメントを摂取するようにすれば良いのです。
まずは、背を伸ばす要素の中で、今の自分には一体何が不足しているのかを考えてみるといいですね。

背を伸ばす方法 背が伸びる方法

大人になっても背は伸びる?

よく「大人になってからも背が伸びた」といった事を、耳にした事はありませんか。
実際に、会社の健康診断などで去年よりも背が伸びている人を見掛けたりしますが、私達は以前から「大人になったら背は伸びない」と言われてきたと思います。

それでは本当に、大人になったら背は伸びないのでしょうか?
まず、理解しておいて欲しいのが、背が伸びると言う事は、つまり「骨が伸びる」と言う事です。
この、骨が伸びる時期が判ると、自ずと大人になってからも背が伸びるかどうかが判ると言う事になりますね。

骨が伸びる仕組みは、骨の両端にある「骨端線」と呼ばれている軟骨の細胞が増殖活動を活性化する事で骨が伸び、背が伸びていきます。
けれど、この骨端線は思春期を終える頃に閉じてしまい、消えてしまうのです。つまり、骨端線が完全に骨に変化してしまうと、もう骨が伸びる事はなく、基本的に背が伸びる事はないと言ってもいいでしょう。

ただし、成人を過ぎてからも骨端線が固まらず、増殖活動が行われて骨が伸びている方も稀にいらっしゃるので、大人になったら背は伸びない、とは断言出来ません。
また、背中が曲がっているような姿勢を矯正したり、O脚を改善したりした事で、以前よりも背が伸びたケースもあります。
ただ、背がグングンと伸びる時期はやはり思春期を迎える時期ですので、大人になってから背が驚く程伸びるような事はないと言っても良いでしょう。

背を伸ばす方法 背が伸びる方法

背を伸ばす方法 スポーツ

よく背を伸ばす効果のあるスポーツとして、バスケットボールやバレーボールなどが挙げられていますね。
実際に、バスケットボールやバレーボールの選手には、背がとても高い選手が多いようですが、本当に背を伸ばすためのスポーツがあるのでしょうか。

まず、バスケットボールやバレーボールなのですが、これは縦方向に向かってジャンプする回数が多いスポーツですね。
背が伸びるのは骨が成長している事ですので、その骨の成長には縦方向の運動が適していると言われています。

つまり、背を伸ばすためのスポーツにバスケットボールやバレーボールが適していると言う事は、事実のようです。

でも、バスケットボールやバレーボールをやったからといって、それだけで背が伸びる訳ではありません。
背を伸ばす為には、これらの運動と同時に、たんぱく質などの栄養素をバランスよく摂取し、十分な睡眠も必要となってきます。

また、水泳などの腕や脚、首などを使用する全身運動のスポーツも、全身の骨の成長に刺激を与えてくれるので、背を伸ばす為に適したスポーツだと言えるでしょう。

ただし、骨が成長する前に筋肉を付け過ぎてしまうと、骨の成長を妨げてしまって、そのまま背が伸びなくなってしまう事も考えられます。
なので、筋肉が付き過ぎてしまうようなスポーツは、背を伸ばす為には適していないと考えておいた方が良いでしょう。

背が伸びる仕組み

自分だけ背がなかなか伸びない、もう少しだけ背が高くなりたい。そう言った悩みを抱えている方は、結構いらっしゃるのでは?

けれど、どうやったら背が伸びてくれるのか、具体的に判らない方も多い事でしょう。
やみくもに、背が伸びると言われている事をやっていても、期待している程、背は伸びてくれません。
まずは、背が伸びる体の仕組みを、しっかりと理解しておく事が必要なのです。

それでは、その背が伸びる体の仕組みを説明しておきましょう。まず、背が伸びると言う事は、身体の中の骨が伸びている事だと理解しておいて下さい。成長期では、骨と骨の間の関節近くの場所にある「骨端線」という軟骨部分が少しずつ成長する事によって骨が伸びていきます。
この骨端線と言う部分は、思春期を過ぎると成長が止まって、硬い骨になってしまいますので、背も急激に伸びる事はなくなります。

骨端線を成長させる為には、新たな骨を作り出すために不可欠な栄養素が必要となってきます。それが、カルシウム、たんぱく質、そして、ミネラルです。更に、成長ホルモンの分泌も必要不可欠と言えます。これは、脳下垂体から分泌されるヒト成長ホルモンで、その中のインスリン様成長因子−1と呼ばれている物質が、骨を伸ばす役割をもつ物質に変換されます。つまり、栄養素と成長ホルモンが互いに働きかける事によって、新しい骨を作り出し、成長させている訳なのです。
タグ: 身長

背が伸びる方法 栄養 カルシウム

背を伸ばす カルシウム

カルシウムが豊富な食品(男子高校生の場合、700〜800mg)

・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(わかめ、しらす干し、ワカサギ、干しえび、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、大根菜、野沢菜、チンゲン菜など)
・大豆製品、ごま(豆腐、油揚げ、納豆、ごまなど)

背が伸びる方法 栄養

成長ホルモンで背を伸ばすHGH-21Program


タンパク質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素は、背が伸びるためには非常に大切ですが、限られた食品だけで背が伸びるということはありません。
バランスの良い食事を心がけましょう。

一般に、日本人は背を伸ばすのに特に重要な栄養素のうち、カルシウムが大きく不足しがちで、他にマグネシウム、亜鉛が不足しやすいです。

背が伸びる方法 睡眠


高校生以降では夜10時〜6時まで睡眠をとるのが理想です。

寝るときのチェックポイント
1.ストレスをため込まない。(アドレナリンが分泌されて興奮状態になり、睡眠の妨げになります)
2.寝る前に食べない。(夜食は睡眠時の成長ホルモン分泌を妨げます)
3.暗くして寝ること。(不必要な光を視神経に与えると脳を刺激して深い睡眠の妨げになります)
4.寝る前にストレッチして、成長ホルモンを分泌する脳下垂体前葉に適度な刺激を与えるようにしましょう。
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。